外国人が日本でひっこす方法の簡単な説明

move

こんにちは!外国人の就職サポートをしているJobTreeJapanのIwakiです。 今日は外国人が日本でひっこしをしたい時にやらないといけないことを紹介します。 日本のひっこしはとても複雑で、一ヶ月以上も時間がかかりとても大変です。 だから最初から最後まで一つずつ簡単に説明していきます!

日本でひっこしをする流れ

  1. 住みたいアパートを決める (1~7日)
  2. アパート会社と契約をする (7~14日)
  3. 公共サービスに登録されている住所を変える(1~2日)
  4. ひっこしをする (1日)
  5. 日本に登録されている住所を変える (1~7日)

1. 住みたいアパートを決める

やること

  • WEBでアパートの情報を調べる
  • 不動産に相談する
  • アパートに実際に行って最後の確認をする

WEBでアパートの情報を調べる

search Best-Estateなど、英語で日本のアパートの情報が載っているサイトもあります。
サイトで調べる時に気をつけることは、「スーパーマーケットが近くにあるか?」「駅からの距離」「エレベーターが使えるか?」です。 また、「アパートを借りるのにどれくらいのお金がかかるのか?」をここでしっかり学びましょう。

不動産に相談する

agent.png 相場やどんなアパートがあるのかがわかったら、不動産に相談しましょう。
その場で悩みや心配なことがなくなります。
また、WEBでは見つからないアパートを知っていることもあります。
このステップではアパートを借りるお金をしっかりと確認することが大事です。

アパートに実際に行って最後の確認をする

このステップでは以下のことを確認するのが大事です。

【部屋の中】

  • 部屋の明るさ
  • 部屋の大きさ(家具が入るか?)
  • 周りの音のうるささ
  • 水を使うところの「におい」(キッチン, 風呂)
  • セキュリティ(インターホン, 鍵)
  • 床と壁の傷

【 周りの環境 】

  • 近くのコンビニやスーパー
  • 近くの駅やバス停までの距離

これらを確認してOKだったら、契約をしましょう。

2. アパート会社と契約をする

やること

  • 契約に必要な書類をアパート会社に聞いて準備する
  • アパートを借りられるかどうか結果を待つ
  • 実際にひっこす日にちを決める

契約に必要な書類をアパート会社に聞いて準備する

住みたいアパートが決まったらすぐにアパート会社に連絡をしましょう。 アパート会社が契約に必要な書類を教えてくれます。 これはなるべく早くしましょう。なぜなら、いくつかの書類は市役所に行かないと手に入らないからです。 必要な書類はアパート会社によって違いますが、ここではいくつかのよく必要になる書類を紹介します。

よく必要になる書類

  • 住民票( Juminhyo )
    これは必ず必要になります。
    あなたがどこに住んでいるのか?が書かれています。
    市役所でしか手にいれることができません。
  • 在留カード
    これは必ず必要になります。
    「あなたが誰であるか?」と「在留資格」を確認するために使われます。
  • 保証人の証明書
    これはほとんど必ず必要になります。
    あなたがアパート会社にお金を払えなくなった時に代わりにお金を払ってくれる人を証明する紙です。
    保証人には「家族」「あなたが働く会社」「保証会社」の3つの種類があります。手にいれる方法はそれぞれで違います。両親を保証人にしたいときは、あなたの両親が保証人の証明に必要になる書類を持っていない可能性があることに注意してください。
  • アパート会社との契約書類
    これはアパート会社から渡されます。
  • 保険会社との契約書類
    これもアパート会社から渡されます。

アパートを借りられるかどうか結果を待つ

これにかなり時間がかかります。 なので、前のステップは余裕を持って早めにやりましょう。

実際にひっこす日にちを決める

アパートを借りられることになったら、「何日にひっこすか?」と「契約にいくら必要か?」を必ず確認しましょう。

3. 公共サービスに登録されている住所を変える

まず最初に、今のアパート会社にひっこすことを伝えましょう。 「何日前に今のアパート会社にひっこすことを伝えればいいか?」は今のアパート会社のとの契約書に書いてあるので必ず確認しましょう。 calling.png

また、今の町にあなたがひっこすことを伝えなくてはなりません。 そのためには転出届(Tenshutsu Todoke)を市役所(または区役所など)に行って提出しましょう。 在留カードと健康保険証とを持って、市役所で、「転出届を出したいのですがどうしたらいいですか?」と聞けばあとは教えてくれます。

それが終わったら以下の公共サービスの契約に使われている住所を変えましょう。

  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • インターネット

utilities.png

もしこれらの契約をしている場合は、これらのサービスの契約に使われている住所も変更しなくてはいけません。

  • クレジットカード
  • スマートフォン
  • NHK
  • 銀行

ひっこしの日にちが決まったらなるべく早く契約に使われている住所を変更しましょう。 変更するには、契約しているサービスの会社に連絡する必要があります。

また、郵便局に、郵便物を転送してもらうように頼むことができます。 サービスの住所変更書類が今のアパートに届いて困る場合は利用しましょう。

post.png

4. ひっこしをする

いよいよひっこしです。 ひっこしの時にモノを運ぶ方法としては3パターンの方法があります。

・ひっこしの会社にお願いする

move.png ひっこし会社にお願いするのにはお金がかなりかかることもあります。 料金はあなたの荷物の量や、時期、距離などによって変わってくるので気をつけましょう。

・友人に手伝ってもらう

cary.png もし友達かあなたが運転免許を持っている場合は、荷物を運ぶのを手伝ってもらいましょう。 荷物を運ぶ大きさの車はレンタカー会社で借りることができます。

・全部の家具を売って、新しいアパートの近くで書い直す

cycling.png リサイクルショップやフリーマーケットで家具などを売ることができます。 そして、新しく家具などを買いましょう。 その時に、お店にその家具を新しいアパートに運んでもらうことができます。 距離や時期によっては、これをする方がひっこしの会社に頼むよりも安く済むことがあります。 cleaning.png

また、今の部屋を出る前に必ず掃除をしましょう。 掃除をしないとクリーニング料を取られることがあります。

5. 日本に登録されている住所を変える

company.png

やること

  • ひっこし先の市役所にあなたがひっこしたことを伝える
  • 在留カードの住所を変更する

ひっこし先の市役所にあなたがひっこしたことを伝える

新しい市役所にあなたがひっこしたことを伝えなければなりません。 そのために「転入届(Tennyu todoke)」を市役所に提出しましょう。 これはひっこしてから二週間以内にやらなければいけないので、注意してください。

在留カードの住所を変更する

これもひっこし先の市役所でできます。 これもひっこしてから二週間以内にやらなければいけないので、注意してください。

これで日本でのひっこしでやらないといけないことは全て終わりです!

日本での困りごとがあれば何でも相談してください!

JobTreeJapanは外国人も過ごしやすい日本をつくるために活動しています。 仕事のことや生活のことで困ったことがあればいつでも相談してください。 こちらが私たちの相談LINEです。 今登録しておいて、あとで何か困ったことがあったらぜひ相談しにきてください!